ファンデーション選びに重視しているところは、薄づきでありながらカバー力があるものと持続力があるという部分です。とくにファンデーションにこだわりがなかったり、お金をかけなくても大丈夫だった若い頃に比べて、30代という年齢を迎えてからはシミやくすみを隠そうとついついファンデーションが厚塗りになってしまったり、そこからヨレてしまったりすることが悩みとなっています。
私は現在はRMKのクリームファンデーションをしようしていますが、とても薄づきで透明感がありながらカバー力があります。また、肌自体のトーンが明るくなり肌のハリ感を感じることができ、1日のうち1度の化粧直し程度でも大丈夫で時間がたってもヨレにくいところがとても気に入って使っています。

しかし、RMKのクリームファンデーションは、実はあまり肌に良くないかもしれないと思っています。

先日、ファンデーションを机にこぼしてしまったのですが、拭きとってみると、そこだけ机の汚れがキレイに取れました。

界面活性剤が強いんだと思いました。

界面活性剤はその名の通り、界面をなくすという成分です。これが肌の表皮に直接つくと思うと、ちょっとコワイです。

ですので、私は最近天然100%のファンデに注目しています。

このファンデーションを試してみて、よかったらこちらに変えるつもりです。